東信フラワーアーティストに誰でも注文できるの?値段はいくらから?

スポンサーリンク
芸能・エンタメ

2021年の大みそか恒例の紅白歌合戦は「Colorful~カラフル~」をテーマに放送されたましたが、

いつもの紅白とは違ってました。

「紅組司会」「白組司会」「総合司会」の呼称をやめて「司会」で統一されたことや企画だけでなく、信じられないくらいカラフルだったことです。

あんなにたくさん色を入れてもいいの?というくらいに・・・流石プロですね。

 

ところで、恥ずかしながら、東信って会社だと思ってました。

フラワーアレンジメントでご活躍されている方なんですね!!

 

スポンサーリンク

フラワーアーティスト東信とゆず

では東信はどんな方なのでしょうか? また、ゆずとの関係は?

東信(あずままこと)

1976年生まれ 46歳

2002年、オートクチュールの花屋を構えましたが、その3年後の2005年頃から植物による表現の可能性を追求し、造形表現=Botanical Sculptureを開始したところ、海外からも注目されるように。

ニューヨークでの個展を皮切りに、2009年 実験的植物集団「東信、花樹研究所 (AMKK)」を立ち上げ、ミラノ、ベルギー、上海、メキシコの美術館やアートギャラリー、パブリックスペースで作品を発表。

現在は自然界では存在し得ないような地球上のさまざまなシチュエーションで花を活けるプロジェクトを精力的に展開し、独自の視点から植物の美を追求し続けている。

過去にはNHK「プロフェッショナル仕事の流」や「クレイジージャーニー」でも取り上げられた世界でも活躍。

 

大みそかの「紅白歌合戦」で、ゆずとフラワーアーティスト・東信と一夜限りのスペシャル・コラボステージが決まったのは、ゆずと東はかねて親交があったそうで、2008年に発表されたゆずのアルバム&ツアーのメインビジュアルを東信が担当し、2015年には横浜で開催されたスタジアムライブのステージを200種類以上の植物で作りあげたそうです。

また、ゆずのデビュー20周年の17年には、ゆずのマスコットキャラクターとアート・コラボレーションも実現。

そんなわけで、ゆずの華やかな演出をすることになったそうです。

本当に、信じられないくらいステージ全体が“カラフル”でした。

 

東信の花屋に行けば、注文できますか?

花屋は表参道にあり、誰でも花束やフラワーアレンジメントを注文することができます。

ARDINS des FLEURS
ジャルダン・デ・フルール

住所:東京都港区南青山4-15-43B1F

電話番号:03-5414-5824

営業時間:11:00~18:00

アクセス:東京メトロ千代田線「表参道駅」(徒歩約8分)

E-mail:info@jardinsdesfleurs.com

初めての方は迷いやすいそうですので、行かれる方は看板を見落とさないように気を付けて下さいね。

 

また、「JARDINS des FLEURS」(ジャルダン・デ・フルール)の公式サイトからも注文することができます。

公式サイトから注文する時の金額は11,000円(税込み)からとなっています。

11,000円のアレンジメントだと直径20~23cm程度のようです。

もちろん、スペシャルオーダーのアレンジメントやブーケ、オブジェ等サイズや形状もオーダーすることができます。

 

紅白でもそうでしたが、色合いが凄かったですね。今までのフラワーアレンジメントの常識を破っているというか、本当にカラフルに彩られていて、あれほど思い切ったアレンジメントは、不思議な事に自然にも見えました。

注文は11,000円からとの事ですが、手の届かない金額ではありませんので、何かの機会に利用してみたいですね。

今までのフラワーアレンジメントとは、違った魅力のものに出会えると思います。(^^♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました